英語は、国際標準語として、認識されていますが、悲しいかな、私たち日本人は、学生時代から、長年に渡って、英語学習に、相当な時間をかけているにもかかわらず、今だ、しゃべれるようになる所まで、至っていないといったのが、現状です。それには、幾つか理由がありますが、一つの大きな盲点がありますので、それを説明いたします。まず、私たちが、学生時代に、習ってきた勉強方法というのは、テキストに書かれている内容を理解するということが、主でした。


振り返ってみると、学生時代に、私たちが行ってきた、英語学習というのは、教科書に書かれている文を理解するために、文法に照らし合わせて、その一文を、各要素に振り分け、一つ一つ分解して、その文節ごとに意味を考えて、最後に、その全文につなげ、合わせて考えると言うスタイルでした。ですが、実際に、海外の人と、しゃべった経験のある人なら、お分かり頂けると思いますが、そんなやり方をしていては、その場で、相手のスピードについていけないのです。


日本語をしゃべる際には、私たちは、慣れてしまっているため、そのスピードを意識することは、あまりありませんが、海外の人としゃべる英語の時には、すごく相手のしゃべるスピードが速く感じるはずです。その速さについていくためには、しゃべっていくセンテンス、一つの言葉の塊としての文を、最初から訳していき、それを、順番に、その順番通りに、つなげて考えていくという風に、習慣づけしないと、追いつけないのです。ここが、英語学習においての、盲点となる、一番のポイントです。