マンスリーマンションが便利だと感じたのは、急きょピンチヒッターで地方で研修する仕事が入りこんだときのことでした。

とにかく時間がなかったので初めの数日はホテルで暮らしていたのですが、ベッドメーキングだの毎日掃除の人が入ってきたりしてそのたびに散らかった書類とか資料を片づけるのは、大変で3日目にはギブアップしてしまいました。

プロブレム発生です。

その頃にようやく会社のほうで手配してくれたのがマンスリーマンションでした。

引っ越し後、だんだんと各種資料も増え続ける日常でしたが、片づけなくても構わないとまるで自分の部屋感覚に陥り、それは不思議な安心感というか居心地の良さが生まれてきました。

マンスリーマンションの魔力だったのでしょうか。

掃除が入るのは週一回で満足でした。

まったく無精人間ではなかったので結構細かいところは自分でやるので十分でした。

わが家の自室と同じくらいの広さであったのもその一因かもしれません。

その間に妻がマンスリーマンションにいたく感心を抱いて見学がてらにやってきたことがありました。

仕事が集中的に入り、週末に帰るというのもままならぬ状態だったため健康状態を心配してのことだと今では思っていますが。

それにしても備え付けのキッチンもなかなかで感心していました。

ふつうのマンションとなんら変わらないことがかのじょにとってのサプライズだったようです。

今度は受験で上京する息子のために検討してみようかと考えるこの頃です。